安全なドッグフードを食べさせてあげよう

ワンちゃんと一緒に暮らしている世帯は多いです。

 

最近では庭に犬小屋を設置せずに、部屋の中で一緒に生活をしているケースも増えてきました。

 

人間と同じような生活をすることが増えてくると、食事にも気を配ります。

 

以前までは安いドッグフードが人気を集めていましたが、最近では健康に重点を置いたドッグフードの人気が高まっています。

 

 

柴犬

 

 

 

添加物の使用を確認しよう

 

ドッグフードを購入する際に気を付けたいのが、どのような添加物が使用されているかです。

 

例えば、着色料や保存料、酸化防止剤などが挙げられます。

 

添加物は人間向けの食品でも問題になっています。

 

しかしドッグフードは人間向けの食品よりも規制が甘くなっていて、添加物への影響が大きいと指摘されています。

 

実際に人間向けには禁止されている成分が使用されていたり、使用上限量が多くなっている成分があります。

 

添加物はボディブローのように効いてきます。

 

短期的には影響はありませんが、毎日食べ続けると体内に徐々に蓄積されていきます。

 

何年にもわたって食べ続けることでアレルギーを発症したり、病気の原因となるリスクもあります。

 

ワンちゃんの健康を考えると、できるだけ添加物が少ないドッグフードを与えてあげたいですね。

 

 

 

 

なぜ添加物が使用されているの?

 

「健康に害があるのになぜ添加物を使用しているの?」と疑問に感じるかもしれません。

 

着色料は私たち飼い主の購買意欲を高めるために使用されています。

 

犬は人間ほど視覚は発達していません。そのため、着色料を付けても付けていなくてもドッグフードの食いつきに大きな差は出ません。

 

ドッグフードを購入するのは飼い主さんです。

 

見た目的に美味しそうに感じられるドッグフードを購入する傾向があるため、メーカー側は着色料を使用しているのです。

 

一方の保存料や酸化防止剤はフードの品質を維持するために使用しています。

 

保存料や酸化防止剤が使用されていないとフードの劣化が進んで、全てを食べきる前に腐り始めてしまいます。

 

 

 

 

無添加ドッグフードにも添加物が使われている?

 

実は無添加ドッグフードにおいても、品質の劣化スピードを抑えるために酸化防止剤が使用されています。

 

但し合成酸化防止剤ではなく、天然由来の酸化防止剤を使用しています。

 

具体的にはビタミンEやローズマリー抽出物などが該当します。

 

これらの成分には抗酸化作用に優れていて、フードの酸化を抑える効果があります。

 

合成酸化防止剤よりは効果が弱いですが、その分身体への影響がなく安心して食べさせることができます。

 

 

 

 

原材料の質の違い

 

価格が安いドッグフードと価格が高いドッグフードの違いは使用している原材料が大きく影響しています。

 

基本的にドッグフードは原材料の質が高くなればなるほど価格も高くなります。

 

価格が安いドッグフードは、人間向けの食品で使用できない廃棄処分する肉などを有効活用しています。

 

もちろん内臓や骨などには栄養がたくさん含まれているので、ワンちゃんの栄養になります。

 

しかし、どのような動物の肉なのか分からなかったり、病気で死んだ動物の肉が含まれている可能性もゼロではありません。

 

特にミートミールや動物性油脂などの抽象的な名称が使われている場合は注意して下さい。

 

一方で価格の高いドッグフードでは、どのような動物の肉が使用されているのかがしっかりと明記されています。

 

例えば、原材料の項目に鶏肉や羊肉、牛肉などと記載されています。

 

中には人間でも安心して食べられる原材料を使用しているドッグフードも存在します。

 

そのような商品は価格も高く、1kgあたり3,000〜5,000円ほどに設定されています(驚)

 

 

 

品質と価格のバランス

 

大切な愛犬のために「少しでも安全なドッグフードを与えたい!」と考えると思いますが、当然品質の良いドッグフードは価格も高額です。

 

そのため、事前にどのレベルのドッグフードを購入するかを決めておくようにしましょう。

 

価格重視で選ぶのか、あるいは品質重視で選ぶのかを明確にして下さい。

 

また、品質においても無添加ならオッケーなのか、あるいはヒューマングレードのプレミアムドッグフードを選ぶのかでも大きく異なります。

 

毎月ドッグフードにかけられる予算と相談しながら、よりベターな商品を探して下さい。

 

当サイトではおすすめできるドッグフードを紹介しているので、どの商品を選べば良いのか迷っているならぜひ参考にして下さい。